リフレクソロジーとマッサージ、足つぼの違いについてご紹介します。

マッサージとの違い

ホーム > マッサージとの違い

リラクセーションに関わる言葉

「リラクセーション」や「マッサージ」――。これらは日常においてほぼ同義語として使われており、
違いを意識する方は少ないでしょう。または、同じものだと思われている方も多いかもしれません。
ここでは、リラクセーションに関する様々な言葉の違いについてご紹介いたします。

リフレクソロジー

英国式をはじめ本来の欧米式リフレクソロジーは、強い刺激を加える足ツボ療法とは全く異なり、眠ってしまうほど心地良いリラクセーションを生む、人に優しい施術法なのです。
リフレクソロジーでは、手・足・顔といった人間の末端部分に全身を投影する反射区が存在し、それらは身体の部位に対応しているという考えを基本としています。その反射区に、"キャタピラーウォーク"と名付けられた、芋虫が歩くような独特の指の動きだけで優しく圧を加えることで、深いリラクセーションをもたらすだけでなく、血流促進やストレスの軽減など、健康維持にも役立ちます。欧米では、患者の痛みをやわらげる緩和ケアの一つとして、医療現場で活かされています。

足ツボ療法

全身に多数存在する中で足にあるツボを、棒や関節などで刺激するのが足ツボ療法です。主に中国・台湾といった東洋で多く用いられてきました。
一般的にツボと呼ばれている「経穴」は、中医学や漢方医学などで、体内の異常が現れる特定部位を指し、そこを刺激することでエネルギーを通すとされています。

アロママッサージ

アロママッサージは、植物の香りを利用し、ツボを刺激することで健康増進をはかっていくアロマテラピーの方法の一つです。この療法は、中国・台湾といった東洋で多く用いられてきました。
精油成分を含んだオイルで全身をマッサージすることで、香りが脳に働きかけてリラックス効果を促します。筋肉をもみほぐすことと、香り成分での効果を組み合わせてリラクセーションをはかります。

整体・ボディマッサージ

全身の固くなった筋肉をもみほぐして柔らかくし、血流を良くする整体・ボディマッサージ。国家資格の柔道整復術とは異なり、リラクセーション療法の一つです。背骨を中心に全身のバランスを整え、全身大小ある様々な筋肉に働きかけていく施術のため、施術者の体力も必要となります。

Reccomend
  • リフレクソロジーとは?
  • リフレクソロジーの効果

PAGE TOP