癒しのプロ、リフレクソロジストについての情報を発信しています。

リフレクソロジストについて

ホーム > リフレクソロジストについて

リフレクソロジストの仕事

リフレクソロジストは、リフレクソロジー(反射療法)を実践する民間療法士です。
足・手・顔にある反射区を、独特の指使いで的確にほとんど痛みなく刺激して、自己活性力を高め、身体の調子を整えることが主な仕事です。
加えて、リラクセーションを促すことでメンタル面にも働きかけていきます。身体と心のバランスを整え、解きほぐしていくのがリフレクソロジストの大きな役目です。

活躍の場

リフレクソロジーサロンへ就職
リフレクソロジーサロンへ就職

企業が運営するサロンに就職し、リフレクソロジストとして活躍することができます。ストレス・高齢化社会においては、リフレクソロジーを利用されるお客様は増加傾向にあります。

企業が運営するリフレクソロジーサロンは、百貨店やショッピングモール、ターミナル駅構内、複合型のリラクゼーション施設など、多彩に展開。また、リフレクソロジストの多くは、それらのサロンで、癒しの専門職としてプロの技術を提供しています。

サロンを開業
サロンを開業

企業が経営するサロンでスタッフとして就職する以外にも、自宅サロンやカフェや美容院の一角を借りてのサロンオープンなど、個人が自由にサロンを運営しているケースも多くみられます。

リフレクソロジーは、専用の機械や薬剤が必要ないため、開業にあたっての初期投資が少ないのも特徴。そのため、副業的にスタートしてみてペースをつかみ、徐々に規模を拡大していくといった独立開業の仕方も可能です。

アロマテラピー、その他リラクゼーションサロンで
アロマテラピー、その他リラクゼーションサロンで

アロマテラピーやエステティックサロンなど、ボディへの施術を受けられるサロンにおいても、お客様の要望によりリフレクソロジーを導入するサロンが増加。リフレクソロジストの活躍の場が増えています。

足裏から全身に働きかけるリフレクソロジーのアプローチ方法は、大変繊細で専門的な知識と技術がないと行えません。だから、ボディマッサージの延長ではお客様の満足度を得ることができません。そのため、プロの技能を持ったリフレクソロジストが必要となるのです。
エステサロンや複合的なリラクゼーションサロンなどへの就職を考える場合にも、リフレクソロジーの技術を持っていることをとても有利にアピールできるでしょう。

ホテル・旅館・スポーツクラブ
ホテル・旅館・スポーツクラブ

近年、ホテルや旅館など旅先でリラクゼーション施術が受けられる場所が多く見受けられます。
これまでは宿泊先のホテルや旅館で受けられるマッサージといえば、あんま・指圧といったイメージがありましたが、最近では女性を中心に、よりリラックスできて、おしゃれな雰囲気を体感できることから、リラクゼーション効果の高いリフレクソロジーが選ばれる例も多くなってきました。また、リフレクソロジーやアロマテラピーを受けられることを謳い文句にしているリゾートホテルやツアープランも増えてきており、リゾート地にリラクセーション体験はなくてはならないサービスの一つとなってきています。そういった背景の中、今後さらにリフレクソロジストの活躍できる場は増えていくと考えられています。

医療・介護の現場
医療・介護の現場

欧米でリフレクソロジーは、西洋医療の治療に伴う不快症状をやわらげ、患者さんの生活の質(QOL=Quality Of Life)を向上させる手助けとして、また補完療法として広く活用されています。欧米と比較するとまだまだですが、超高齢社会の日本においても、医療・介護の現場で、リフレクソロジーをはじめとする補完療法が徐々に知られるようになってきています。心身の痛みを緩和するのに最適とされるリフレクソロジーは、世界の国々の中でも、特に高齢化が進む日本において、病院・施設内だけでなく在宅でのケアも含め、ますます求められていくでしょう。

こんな人にぴったり

  • 専門スキルを身につけて技術者として仕事をしたい方

    プロのリフレクソロジーを身につけた技術職(リフレクソロジスト)として働くには、正しい知識と確かなスキルを修得している必要があります。また、常に技術のレベルアップのために学び続け、トレーニングを積める人が向いています。
    リフレクソロジストの技術に上限というものはありません。向上心を持って自分の技術を磨いていけるタイプの人が適しているといえるでしょう。

  • 思いやりがある・相手を理解しようとする方

    リフレクソロジーは子供から高齢者まで幅広い年代のお客様に施術を行います。
    実際、体の悩みだけでなくストレスで心の疲れを抱えているお客様も少なくありません。また、リフレクソロジストには、思いやりの気持ちや相手を理解しようという気持ちをもって接することが求められます。確かな技術を持っていることは当然ですが、ホスピタリティもリフレクソロジストに求められます。

  • 人と出会うことが好き・人の役に立ちたい方

    1日中ずっと座ってのデスクワークよりも、毎日いろいろなお客様と出会えることが好きな方に、リフレクソロジストは最適の職業です。
    自分が提供した技術で、元気のなかったお客様が笑顔になって「ありがとう」と感謝してくれる仕事は、人の役に立ちたいという方にはまさに天職。
    それまでの人生経験(異なる職業、子育て、介護など)で培われたヒューマンスキルを活かすことができるため、年齢も気にせず長く活躍できるのもリフレクソロジーならではです。

将来性についてリフレクソロジストの働き方

リフレクソロジストの給与
リフレクソロジストの給与

リフレクソロジストの給料を見てみると、正社員で月収が約15~30万円・年収が約250万円~450万円程度となっています。これを平均的な給料額にすると月収約22~23万円・年収350万円程度となります。
アルバイト、パートの場合は、平均時給が約900~1,300円程度といわれます。
厚生労働省などの調査によるデータでは、20代女性の平均年収が約250万円、30代女性では約300万円、40代女性では約285万円となっています。このデータとリフレクソロジストの平均的給料の月収約22~23万円・年収350万円を比較してみるとリフレクソロジストの収入はごく平均的といえます。

給与の違いはココ!
  • 地域差
  • 勤務先
  • 勤務形態
    正社員(常勤)であるか、契約社員やパート、アルバイトか
  • 勤務時間
    残業の多い職場か、比較的残業などのない職場なのか
  • 本人の技術
    指名制度や商品販売のある店舗では個人の指名数や売上額
キャリアパス
サロンに勤務する
サロンに勤務する

企業経営のサロンに就職した場合、一般スタッフで経験を積んだ後に、リーダーや店長といったスタッフのまとめ役や、店舗のマネジメント業務にも携わることができます。
また、複数店舗をまとめるようなエリアマネージャーなどに昇格していくことで、仕事の幅はさらに広がります。

自身でサロンを開業する
自身でサロンを開業する

はじめから開業を目指して技術を身につける方もいれば、企業経営のサロンに勤務した後、その経験を活かして独立開業をする方もいます。
開業規模もさまざまで、自宅での副業的なプチサロンレベルから、店舗を借りて人を雇う規模のサロンまで、自分のアイディアと努力次第でさまざまな開業の方法が可能です。自分の城であるサロンを開業すれば、定年もなく好きな仕事を長く続けられます。

インストラクター・講師として活躍する
インストラクター・講師として活躍する

身につけたリフレクソロジーを、一人でも多くの方に伝えたいという思いから、インストラクター・講師を目指す方もいます。お客様への施術経験を積み、教えるための教育を受けてはじめて生徒さんに教えることができます。自分でリフレクソロジー施術ができても、生徒さんに教えられるとは限りません。“人に教える”ための技量を身につけることが大切です。

Reccomend
資格について

PAGE TOP